つむじはげ 40代

つむじはげの原因は頭皮の血行不良・成長期の短縮化

 

 

男性のつむじハゲの原因は、

  • 頭皮の血行不良
  • 髪の毛の成長期が短縮

この2つの要因がもっとも大きく影響しています。そして、抜け毛が増えてくると同時期に、典型的な脱毛シグナルとして、フケ・かゆみなどを伴う頭皮の炎症が起こることがあります。

 

毛生え薬のおすすめはこちらを参考にしてください

 

頭皮の血行不良

 

つむじはげの原因の一つに頭皮の血行不良があります。

 

頭皮の血行不良は、毛乳頭細胞の活動を低下させ、髪の毛の成長を止めてしまいます。

 

成長期の短縮化

 

髪の毛は通常、成長期→退行期→休止期のヘアーサイクルを経て、「成長と脱毛」を繰り返していきます。

 

しかし、ヘアーサイクルの周期が、頭皮の血行不良や男性ホルモンの影響を受けてしまうと、成長期の期間が著しく短縮化してしまい、抜け毛が目立つようになります。

 

つむじはげの原因を改善するには「血行促進・成長期延長作用」が重要

 

つむじはげの原因を改善するには、血行促進・成長期延長が重要です。その理由として、つむじはげが進行していく仕組みにあります。

 

血行不良

髪の毛は、血液からの栄養を受け取ることで成長していきますが、血液の流れが悪くなれば、栄養失調となり成長を止めてしまいます。

 

成長期の短縮化

成長期は通常2年〜6年の期間継続しますが、薄毛の症状が目立つ人はこの期間が著しく短くなってしまい、生えてきた髪の毛もすぐに抜けていきます。

 

つむじはげ対策には血行促進・成長期延長作用のある育毛剤「チャップアップ」がおすすめ

 

 

日本発毛協会長が認める専門性の高い育毛剤「チャップアップ」は、つむじはげの改善が見込める「血行促進作用」と「成長期の延長作用」が充分に含まれています。

 

チャップアップに含まれる成分には、合計44種の育毛成分が配合されています。なかでも、「ミツイシコンブエキス」や「センブリエキス」には頭皮の血行を促進させ、髪の毛の成長期を長期化させる効果が期待できます。

 

チャップアップは、1日1回の使用で約30日使用できます。パッチテストに合格した商品ですので、頭皮が敏感な人や、アレルギー体質の人にも安心して使えます。

 

つむじはげと並行して起こる症状

 

  • 皮脂の過剰分泌(頭皮のベタベタ)
  • 頭皮の炎症(フケ・かゆみ)

 

症状その1 皮脂の過剰分泌

 

つむじはげの前兆として、最初に気付くのが、皮脂の過剰分泌「頭皮のベタベタ」ではないでしょうか。暑くもないのにやたら頭がベタベタしているといった症状はありませんか?

 

皮脂は本来、頭皮を守るために分泌されるものですが、過剰な皮脂は雑菌を増殖させて頭皮の炎症を誘発します。

 

頭の嫌なにおい、何日も風呂に入っていないような独特の嫌なにおいは、皮脂が酸化して発生しています。

 

症状その2 頭皮の炎症

 

原因不明のフケやかゆみに悩まされていませんか?

 

これも、つむじはげの前兆として起こる現象で、毎日髪の毛を洗っていても、シャンプーを低刺激なものにしてみても、なかなか治らないのが特徴です。こういった症状がある方はかなり要注意です。

 

つむじはげの前兆は放っておくと危険です

 

つむじはげの前兆は、何もしなければどんどん進行していき、本当のつむじはげに近づいてしまいます。

 

男性の薄毛の進行スピードは非常に速いため、半年〜1年くらいで一気に抜けてしまうこともあります。ある程度症状が進行してしまってからは、育毛剤では改善できません。

 

俗に言う、育毛医薬品

 

  • ミノキシジル
  • プロぺシア

 

などを使って男性ホルモンの根本的な作用を抑制・阻害させるか「植える」かです。

 

ただし、これらの対策には色々なところにリスクが潜んでおり、薬の副作用や植毛によるショックロスなどが起こるためおすすめできません。

 

 

つむじはげの原因は「遺伝の継承」

 

「親父が禿げてるから俺も・・・」

 

昔から言われてきたことですが、「遺伝とハゲ」にはとても深い関係があります。現在では毛髪科学の進歩により、遺伝とハゲの関係性はある程度分かってきています。

 

つむじはげは母方の血を引き継ぐ可能性が高い

 

つむじはげの遺伝の80%が、母方の血を引き継ぐことが分かっています。

 

よく言われるのが「おじいさんがハゲてるから隔世遺伝で・・・」特に気にしてほしいのは母方のおじいさんですね。ただ遺伝も「ハゲやすい体質を引き継ぐ」だけで、絶対にハゲてしまうわけではありません。

 

男性ホルモンによる薄毛は病気です

 

 

これまでにお伝えした脱毛症状は、症状が進行していくと、病名が付いてしまいます「AGA(男性型脱毛症)」。

 

20代〜60代の男性に発症率が高い脱毛症で、年齢や脱毛の症状、抜け毛の量などからAGAの診断がされます。近年では、皮膚科での治療も行っているため、治療パンフレットなどを見たことがあるかもしれません。

 

AGAによる脱毛の仕組みは、非常に複雑で、専門的な治療が必要となります。

 

生活習慣が抜け毛を増やす?

 

つむじはげの進行は、生活習慣にも大きく左右されます。

 

タバコの煙がハゲを誘発

 

タバコの煙には数千種類の有害物質が含まれていると言われています。ニコチンなどの中毒症状を発生させるもの、タールのように発がん性のあるもの。数多くの有害物質が含まれています。

 

つむじはげと直接関係するのは、一酸化炭素。一酸化炭素は、血液中の赤血球を増やし、頭皮の血行不良を誘発させてしまいます。

 

つむじはげはストレスが原因?

 

円形脱毛症などは、ストレスが引き金となる場合があります。ストレスが引き起こす血行不良が原因となりつむじはげの進行を加速させてしまうことがあります。

 

円形脱毛症とストレス

 

 

円形脱毛症はストレスが引き金となり発症すると言われてきましたが、実は、その他にも大きな要因となる問題が隠れていることが分かりました。

 

円形脱毛症の主の原因は「臓器特異的自己免疫疾患」であることが確定的となっています。

 

本来であれば、免疫機能は、外部からの刺激や細菌と闘ってくれるものですが、何らかの原因により、過剰な免疫機能が自分の体を傷つけてしまう病気です。

 

円形脱毛症も、自己免疫が毛包を攻撃することで脱毛を進行させてしまうのです。

 

酒の飲みすぎでハゲる

 

「飲みすぎと薄毛」の関係については、ときどき話題に話題になりますが、実際はどうなのでしょうか?

 

「百薬の長」と呼ばれる酒は、適量であれば血行を促進させ、細胞を活性化させますが、飲み過ぎには注意です。

 

酒を飲み過ぎることにより、全身の血行が悪くなり、アセトアルデヒドという有害物質を発生させます。

 

デトックス・ファスティングは要注意!過度のダイエットでハゲる理由

 

最近は、プチ断食とも呼ばれる、ファスティングダイエットは、欧米では古くから伝わるダイエットで、「ファスティングで治らない病気は医者でも治せない」ということわざがあるほどです。

 

ファスティングはデトックス(有害ミネラルの排毒力)効果が高く日本ではダイエットを目的として実践する人が多いですが、過度のダイエットは禁物です。

 

正しい知識を持たないまま、炭水化物やタンパク質を極度に制限すると、髪の毛に栄養が行き渡らなくなり、ハゲる原因となるため、注意が必要です。

 

 

パーマやカラーが毛を細くして薄毛を目立たせる

 

パーマやカラ―剤は髪の毛の成分となるケラチンやメラニン色素を変性させる薬剤ですが、この化学反応は髪の毛にとってかなり強い刺激となり毛を細くしてしまったり、断毛や切れ毛になることがあります。

 

脱毛をさせることはなくとも、毛を細くしたり、切れ毛やを作ることは、髪の毛全体の黒い部分の密度を下げてしまうこととなり、結果として薄毛が目立つようになってしまいます。

更新履歴